ロクカジョウ [映画や商品を紹介]

様々な作品・商品をカジョウ書き(箇条書き)にて紹介します。

【日本映画】「海辺の金魚〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211225202726j:plain



【監督】小川紗良
【出演】小川未祐/花田琉愛/芹澤興人/福崎那由他山田キヌヲ
【個人的評価】★★★★☆

【あらすじ】主人公 花は、児童養護施設で育った18歳の女性。ある日その児童用語施設に8歳の少女 晴海がやってくる。晴海に昔の自分を重ねた花は、今までにない感情をおぼえる。

 

 

 

 

・小川紗良監督は、高校時代にモデルとして活動をし、高校行事でドキュメンタリーを撮影したことで、映像制作も行っています。2016年「イノセント15」で映画初主演をしています。2018年『聖なるもの』はプチョン国際ファンタスティック映画祭長編コンペティション部門で審査員特別賞を受賞しています。2016年「あさつゆ」で映画監督デビューをしており、短編映画を3作、3年連続ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映されています。2021年作『海辺の金魚』で長編映画監督デビューをしており、様々な映画祭で上映されています。

・主題歌は、元チャットモンチー橋本絵莉子の「あ、そ、か」となります。

・物語は、児童養護施設で育った少女が、18歳になり、そこで8歳の少女と出会う。その子に自分の過去と重ねたことで、新しい感情を覚える。

・ドキュメンタリーのような作風となっており、小川紗良監督が過去に是枝裕和の教壇で学んでいた事より、そういう映画の作風が反映されています。

・伝えたいことはすべて言葉で示してしまうわけではなく、その演技や振る舞いで表現しているところもあるので、ながらで観てしまうのはおすすめできない作品です。

・なお、監督と主演が同姓の小川となりますが、偶然であり、2人は他人です。

・序盤から、海辺にいる花が錯乱しているシーンから始まります。この始まり方には布石はあり、本作のポイントではあります。

・花と晴海の関係を描きながら、児童養護施設の生活が描かれますが、18歳という年齢もあり、立場や振る舞いは、施設に預けられたときとは大きく変わってきているのは観ていると伝わってくるものがあります。

・「いい子にしても帰れない」

・「花、いい子でね」

・中盤で、花の過去のことが描かれ、なぜ、児童養護施設で育ったのかがわかります。布石はあるのですが、すべてを描かないながらも、しっかりと観ていればよく分かるようにできています。

児童養護施設で過ごせるのは18歳までとなり、花自体がどう暮らしていくのかが中盤以降の展開となります。

・とはいえ、母親のことが深く描かれないことで、花自体の持つ目線が明確であり、いつまでも子供ではいられないところと、自らの意思をどう取るかという点が興味深いです。

・金魚というところもポイントであり、この題名の示すところが本作の主題でもあります。

・本作の題名「海辺の金魚」は、監督の糸として次のように語っています。「金魚は海では生きられません。観賞魚として退化したからです。それでも、私はもう一度海に連れ出したいと思ったのです。映画の主人公が、私が、そしてあなたが、自分自身の人生を歩みだせるようにと祈りを込めて。」

・「ただいま」

・「おかえり」

・作品自体は、76分ほどの作品ではあり、コンパクトにまとまっている作品ではありますが、集中して観ることで、繊細な演出と伝えたいことが理解できる作品かと思います。

 

www.youtube.com

 

海辺の金魚

海辺の金魚

  • 小川未祐
Amazon

 

 

【日本映画】「犬部!〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211221231450j:plain

【監督】篠原哲雄 
【出演】林遣都中川大志大原櫻子浅香航大田辺桃子安藤玉恵しゅはまはるみ坂東龍汰田中麗奈/酒向芳/蛍雪次朗岩松了
【個人的評価】★★★☆☆

【あらすじ】主人公 花井颯太は、子供の頃から犬好きの獣医学部の学生。ある日実験犬を救ったことで、動物保護サークル「犬部」を設立する。

 

 

犬部!

犬部!

 

 

篠原哲雄監督は、助監督として様々に映画に参加するかたわら、自主映画を制作しており、1993年「草の上の仕事」で長編映画デビューします。その後、コンスタントに作品を送り出している監督です。

林遣都は、2007年、映画『バッテリー』の主演で俳優デビューし、以降、映画出演が続いています。

中川大志は、小学校4年のときにスカウトされるも、断り、再度同じ人にスカウトされ、芸能界に入る。2009年『わたしが子どもだったころ』で子役デビューをし、2010年『半次郎』で映画デビューをしています。2020年「2020年テレビCM急上昇ランキング」で1位を獲得し、幅広い活躍をしています。

青森県北里大学に実在した動物保護サークル「犬部」を題材とした作品です。

片野ゆか原作の小説「北里大学獣医学部 犬部!」が原作となっています。

・第24回上海国際映画祭 パノラマ部門NIPPON EXPRESS出品作品。

・物語は、犬好きの主人公が大学で、犬部というサークルを作り、その16年後、獣医師となり、保護活動を続けていくが逮捕されてしまうというストーリーです。

・序盤より、主人公 花井颯太の周辺が描かれ、獣医学生でありながら、友達よりも、自宅で飼っている犬や猫に愛情を注いでいるところに、異様な感じもしますが、動物に対する愛情という点でこの物語の主題であることが入りやすくなっているように見えます。

・時代設定は現代ではないところが感じられますが、しきりに映るテレビデオがそう感じるのかもしれません。

・犬部が設立され、それから、あっという間に時間が経過しますが、獣医になったということはさほど説明されなくてもわかるようになっています。

・殺処分や去勢ということも描かれ、動物に対することを描いているところがあります。

・犬や猫のペットを飼うことを否定はしないのですが、当然、面倒を見るということは、そのペットの命をしっかりと保護するということも大事ではあります。

・言葉を喋らない犬ではあり、ほとんどの場面は人間の物語になりますが、ペットに対する考え方としてのきっかけになるかもしれません

・個人的には、犬派猫派で言えば、ネコ派ですが、そういう視点というよりも、ペットに対して飼い主やその社会的な問題がメッセージとなった作品です。

・ちょっと残念な店は、時系列が多少前後するところがあり、その点がわかりにくいところがあります。

 

www.youtube.com

 

 

犬部!

犬部!

  • 林 遣都
Amazon

 

 

 

 

【日本映画】「ホテルローヤル〔2020〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211214221723j:plain



  
【監督】武正晴
【原作】桜木紫乃
【出演】波瑠/松山ケンイチ余貴美子/原扶貴子/伊藤沙莉岡山天音正名僕蔵/内田慈/冨手麻妙/丞威/稲葉友斎藤歩友近夏川結衣安田顕
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】主人公 雅代は、美術大学の受験に失敗し、実家のホテルの仕事を手伝うようになります。そのホテルでの仕事を中心とした物語。

 

 

ホテルローヤル

ホテルローヤル

 

 

武正晴監督は、学生時代から自主制作映画を作り、2007年『ボーイ・ミーツ・プサン』で映画監督デビューをしています。その後、「百円の恋」「イン・ザ・ヒーロー」など話題作を制作しています。

・波瑠は、2004年、中学1年のときにオーディションに応募し、その後スカウトされ芸能界入りをしています、しばらくは、脇役が多かったのですが、2006年『だからワタシを座らせて。 通勤電車で座る技術!』で映画初出演をし、同年テレビドラマ『14才の母』で初主演をしています。モデルや俳優、番組キャスターとキャリアを重ねながら着々と人気を集めている女優です。

松山ケンイチは、2001年にオーディションに合格しモデルデビューをしています。その後、2002年『ごくせん(第1シリーズ)』でテレビドラマデビューをし、2003年『アカルイミライ』で映画初出演をしています。役作りにこだわりのある俳優です。

・物語は、受験に失敗した主人公が、実家が経営しているホテルの仕事を手伝うようになり、そこで、様々な人と出会う中で、自分の人生を見直していくストーリーです。

・原作は、桜木紫乃の自伝的な小説となっています。

・ラブホテルという空間を描いており、どちらかといえば、そのホテル来るお客と従業員が中心となった群像劇的なストーリーです。

・明確な本筋はこれと言ってなく、むしろ人間模様を描いている作品という点と、主役を演じた波瑠の思い切りが足りなかった点で、いまいち筋が見えにくい作品でもあります。

・ラブホテルを中心に描いている話でもあるので、広く多くの人に観てもらう作品とはちょっと違うような気もしますが、ストーリー的には人情噺が多いだけに、なんとなく誰向けの作品なのかがわかりにくいところがあります。

・そういう意味では、波瑠という主役がどうもミスキャストな印象もあり、むしろ脇役が引き立つ映画でもあります。

・終盤で、本作の舞台となったホテルの成り立ちが描かれますが、このシーンで多少救われた感はあります。

武正晴監督だけに、もうちょっと核心をしっかりと捉えたような作品になるかと思いましたが、意外と頼まれ仕事だったのかと思ってしまうところはあります。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

【日本映画】「大コメ騒動〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211214000108j:plain



【監督】本木克英 
【出演】井上真央三浦貴大夏木マリ立川志の輔吹越満鈴木砂羽舞羽美海左時枝柴田理恵/木下ほうか/西村まさ彦/中尾暢樹冨樫真工藤遥吉本実憂内浦純一石橋蓮司室井滋
【個人的評価】★★★☆☆

 

【あらすじ】時代は、1918年(大正7年)8月。主人公 松浦いとは、3人の子供がおり、17歳で漁師のもとに嫁いでくる。日々の生活を送る中、米の価格の悩まされ一揆を起こそうとする。

 

 

大コメ騒動

大コメ騒動

  • 本木克英
  • コメディ
  • ¥2037

 

 

・本木克英監督は、1998年「てなもんや商社」で映画監督デビューをし、その後、松竹系の作品の監督をしています。「釣りバカ日誌シリーズ」「ドラッグストア・ガール」「鴨川ホルモー」などの作品を手掛けており、2017年以降は、松竹を退社してフリーランスとして「空飛ぶタイヤ」など映画を制作しています。

井上真央は、5歳から子役として活躍しており、1992年『真夏の刑事』でテレビドラマデビューをしています。2002年『樋口一葉』で舞台初出演をしています。一時期、学業のために芸能活動を休止しますが、2005年『花より男子』でドラマ初主演をしています。2006年『チェケラッチョ!!』で映画初主演をし、以降、『八日目の蝉』などで、演技が評価されています。

三浦貴大は、父 三浦友和山口百恵の俳優。もともとは、大学時代に精神保健福祉士を目指していたが、迷った末に俳優となっています。

・主題歌は、米米CLUB『愛を米て』ですが、米騒動に関しての作品なので、米米クラブの起用なのかと思います。

・物語は、1918年に起きた米騒動の発端となった越中女房一揆を描いた作品です。

・富山の海岸沿いの村の物語ですが、米を1升食べるという弁当は、正直炭水化物摂りすぎでもあります。

・とはいえ、時代的に、きちんとした米ということで、貧しさを感じるかといえば、さほどでもなく、それほど暗い話ではなく、どこか地域社会のコメディ的な内容でもあります。

・もうちょっと噛み砕くと、HNK朝の連続ドラマ風なところがあり、それはそれで、どこか優等生的な演出を感じます。

・いわゆる農村での女たちが家族や家を守るために、奮闘する展開ですが、多くのエピソードは、その地域で起こる些細な出来事でもあり、その積み重ねから、終盤の一揆まで運ぶ展開です。

・ただ、単調な感じもするのと、各キャラクタの顔は黒く日焼けしてリアリティを感じるところもありますが、民家や村のセットをみてしまうとどうしてもそのチグハグ感にのめり込みにくい点があります。

・全体的には、社会問題となったことをコミカルに描いた作品でもありますが、演出の古さを感じてしまうじてで、そっちが気になってしまい、本筋が追いにくくなる感じがあります。

・決して楽しめない作品ではないのですが、ちょっと古めかしい演出と展開ではあり、2021年の作品と聞くと驚きを隠せない印象があります。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

【日本映画】「FUNNY BUNNY〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211207220510p:plain

【監督】飯塚健 
【出演】中川大志岡山天音関めぐみ/森田想/レイニ/ゆうたろう/田中俊介/佐野弘樹/山中聡/落合モトキ/角田晃広/菅原大吉/
【個人的評価】★★★☆☆

【あらすじ】主人公 剣持聡は自称小説家。友人の漆原聡とうさぎのキグルミを着て図書館を襲撃しに行く。数年後、今度はラジオ局がジャックされるが、この2つの事件にはとある理由があった。

 

 

 

 

飯塚健監督は、2003年『Summer Nude』で商業映画監督デビューをしています。舞台や映画、テレビなど幅広い範囲で活躍する監督です。なお、2012年女優の井上和香と結婚しています。

中川大志は、小学校4年のときにスカウトされるも、断り、再度同じ人にスカウトされ、芸能界に入る。2009年『わたしが子どもだったころ』で子役デビューをし、2010年『半次郎』で映画デビューをしています。2020年「2020年テレビCM急上昇ランキング」で1位を獲得し、幅広い活躍をしています。

岡山天音は、2009年に芸能界入りをし、テレビや映画に出演するようになります。2017年『ポエトリーエンジェル』で主演をし、第32回高崎映画祭 最優秀新人男優賞を受賞しています。

・物語は、主人公とその友人の2人は、図書館をジャックする。数年後、ラジオ局がジャックされ、その事件にはとある事実があることがわかるストーリーです。

・原作は、飯塚健監督の舞台と小説となっており、今回はその映画化です。

・序盤からタクシーに乗っている2人がタクシーの運転手に問いかけをし、目的地から降りるときにうさぎのキグルミの頭をかぶって出てきます。

・この2人がこれから起こすことが本作のキーとなり、彼らの行動に見当がつかないながら、その先の展開の予想がつかないところで、物語の興味に惹かれます。

・とはいえ、広い図書館に人数の少ない司書がおり、そこで「『絶対に借りられない本』を探す」ということを短時間で行います。

・と、物語性があるように見えますが、徐々に時間軸も変わり、舞台も変わっていきます。

・この図書館は、宮城県大崎市にある図書館です。

・2人のキャラクター自体は魅力があるのですが、どうも、この行動の信念に説得力があるようなないような、そんなふわふわした感覚があります。

・中盤以降は、今度はFMラジオ局をジャックするのですが、序盤の意味不明な展開から、その説明がされる要素もありますが、やはり、舞台作品の映画化でもあり、多少消化不良なところがあります。

・それを力技で持っていく終盤の歌に集約されていくところがありますが、気がつけば、「結局この話ってなんだっけ?」と思ってしまっても仕方ないのかもしれません。

・導入の意味不明さながら、その視点の掴みが良いだけに、いつになったらエンジンがかかるのかと思っていると、実はエンジン駆動じゃなくて、風力で動くマシンだった思ってしまう作品ではあります。

 

www.youtube.com

 

 

 

【日本映画】「ザ・ファブル 殺さない殺し屋〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211205094917j:plain

【監督】江口カン
【原作】南勝久
【出演】岡田准一木村文乃平手友梨奈安藤政信黒瀬純好井まさお(井下好井)/橋本マナミ/宮川大輔山本美月佐藤二朗井之脇海安田顕佐藤浩市堤真一
【個人的評価】★★★★☆

 

【あらすじ】主人公は伝説の殺し屋 ファブル。彼は、1年間誰も殺さずに普通の生活をすることをボスから命じられる。一見平和に見える街ではあるが、NPO団体の暗躍する裏の顔があった。

 

 

 

 

江口カン監督は、映像制作会社を立ち上げ、2007年〜2009年までカンヌ国際広告祭で3年連続受賞をしています。その後、各地のPRやCMなどを制作し、2017年「ガチ☆星」で映画監督デビューをしています。本作は映画監督3作目となります。

南勝久は、1999年「ナニワトモアレ」で第41回ちばてつや賞準大賞を受賞し漫画家にデビューをしています。「ザ・ファブル」は、週刊ヤングマガジンで現在も連載されている漫画になります。

岡田准一は、母親が「ジャニーズ予備校」オーディションに応募し、合格したことで、V6のメンバーに選ばれています。その後は、2002年「木更津キャッツアイ」で主演を演じて人気となり、「SP 警視庁警備部警護課第四係」では、アクションのキレの良さで注目もされています。2007年に宮崎あおいと結婚をしています。

・物語は、伝説の殺し屋 ファブルが、ボスの命令で1年間普通の生活を送るよう命じられるなか、その街のNPO団体の裏の顔が見え隠れし、そのことで、ファブルに危機が迫るストーリーです。

・主題歌は、レディー・ガガ&アリアナ・グランデ「レイン・オン・ミー」となっています。

・本作が映画2作目であり、特に「2」という名称ではないので、わかりにくい点はあります。

・序盤から本作の問題の一つである事件のアクションシーンから描かれます。

・今回の悪役は、堤真一となっていますが、よくよく考えると、「SP」で岡田准一堤真一は共演しており、今回ははじめから敵対する同士となります。

堤真一はもともと、こういう悪役はゲスいくらいに向いているので、このくらい安っぽい感じがあると、むしろ作品のバランスに調和するのかと思います。

・前作は、山本美月演じるバイト先の清水岬の話が多かったですが、本作は控えめです。

・中盤まではファブルの物語が目立ちますが、中盤以降、足の動けないヒナコの話ともなっていきます。

・銃をテーブルに置いて取り合いをするシーンの緊張感はなかなか良いです。

・中盤からアクションシーンも出てきますが、正直、ファブルは、前作も含めて、アクションシーンが注目の作品とは思います。

・「問題ない」

・今回の団地を舞台にしたアクションがむしろ一番の見所で、CGを使っているのはわかりますが、それでも、人間技としてギリギリできるところがこのアクションの魅力です。

・たんぽぽを踏まなかったり、寝たきり老人の布団を掛けて上げるなど、こういう細かい笑いも本作のポイントです。

・そんな中至近距離の射撃を避けるということをしていますが、この身軽さと機転の効いたアクションは、面白いです。

・超高速カメラで撮影したスローモーションが多用されていますが、映像がきれいなので、見応えがあります。

・今回は、ドラマ性をもたせながら、しっかりとアクションを魅せてくれる仕上げとなっており、娯楽作としてよくできています。

・このコントとガチアクションの世界観には好みが分かれると思いますが、よくできた作品でもあり、広くオススメできる娯楽作品です。

 

www.youtube.com

 

rokukajo.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 

【日本映画】「砕け散るところを見せてあげる〔2021〕」を観ての感想・レビュー

f:id:rokukajo:20211128230334j:plain


  
【監督】SABU
【原作】竹宮ゆゆこ
【出演】中川大志石井杏奈井之脇海/清原果耶/松井愛莉/北村匠海矢田亜希子原田知世堤真一
【個人的評価】★★★★☆

【あらすじ】主人公 濱田清澄は、学年一の嫌われ者と言われる蔵本玻璃と出会う。正義感の強い清澄は、玻璃を助けるが玻璃には言えない秘密があった。

 

 

 

 

SABU監督は、1986年『そろばんずく』で俳優デビューをしますが、1996年に「弾丸ランナー」で映画監督デビューをしています。俳優と監督の両方で活動していますが、独特のセンスのある映画監督業の比率が多いです。「ポストマン・ブルース」「MONDAY」「疾走」「ハピネス」などコンスタントに作品を発表しています。

中川大志は、小学生の頃にスカウトされ、子役デビューをしています。2010年「半次郎」で映画デビューをし、その後、2011年テレビドラマ「家政婦のミタ」で注目され、以降、テレビ・映画・CMと幅広い活躍をしています。

石井杏奈は、小学5年生のときにEXILE PROFESSIONAL GYMにスカウトされ、E-girlsとして活躍しています。2012年『私立バカレア高校』でテレビドラマデビューをしており、同年、映画にも出演しています。現在「東京ラブストーリー 2020」の関口さとみ役として出演しています。

・清原果耶は、小学生の頃からクラシックバレエを習い、2014年に好奇心で受けたオーディションでグランプリを獲得し、モデルデビューをしています。「nicola」の専属モデルとして活躍後、2015年NHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューをし、2017年『3月のライオン』で映画にも初出演しています。歌手としても活動をしており、多彩なジャンルで活躍する女優です。

・物語は、正義感の強い主人公の高校生が、後輩の女の子を助けたことにより、徐々に心をひらいていくが、その少女には、とある秘密があった。

・中盤までは、いじめられている玻璃とそのことを頬っておけない先輩の清澄の内容となっています。

・いじめられている後輩を助ける「暇な先輩」という視点で物語が描かれ、いじめに関しては、残酷さはないですが、やはり、「心無い暴力や思春期ならではいじめ」はきっちり描かれます。

・いじめ問題については、いじめられる側にも問題があると言われますが、本作では、いじめられている玻璃には、そのことに対して以上の何かしらの感情があるようにみられます。それは、後半で明かされていきますが、本作では、その布石の張り方をしっかりとみておく必要があります。

石井杏奈は、2020年「東京ラブストーリー」で、魅力を感じない役どころではありましたが、本作では、十分にキャラクター性があります。問題は、もうちょいと表情があると良いのですが、こればっかりは生まれつきなところもあるので、無理も言えません。

・中盤から、ストーリーが徐々に変わってきます。特に学校の友達関係やその周囲の人々の微妙な機微から、本当の問題が見えてくるところがあります。

・清澄と玻璃の話から、別の方向になってきます。

・予告編でもわかってくるところですが、中盤で登場し始める玻璃の父親が登場し、急に展開が変わってきます。

・玻璃の抱えている問題もサクッと説明されていきますが、中盤以降ちょっと急ぎ足のような印象も受けます。

・清澄の演じるヒーローというところも、本作では唐突感がありますが、この唐突感は他にも用意されており、終盤の展開に関しては、説明がとても省略されているので、初回で理解できなくても仕方ないかもしれません。

・個人的には、さほど「砕け散るところを見せてあげる」という題名ほど砕け散っていないのですが、一番ヤバいのはやはり玻璃の父親ということになります。

・清澄の思い描いている父親像についても、映画では明確に描かれていないので、終盤、ちょっとモヤモヤします。

・実際には、原作の年代の記載でだいたい理解できることになるのですが、映画ではちょっと端折られている感があります。

・とはいえ、さほど説明がなくてもきっちりと整理して観れば理解できる内容になっているのかとは思います。

 

www.youtube.com